わかった

予想通りの寝坊で6時起き。

疲れはけっこうとれとる。

7時前に出勤。

なんでかやたらに気温低く、半袖の原チャリはやや肌寒いくらい。

研究室到着後すぐにムシ世話を開始。

管理下のムシの数が多い時期に数日空けてしまうとえらいことになってしまう、

ということでひたすらにムシ世話。

Psカメムシの卵塊処理も同時進行で。

Aokuchibuto飽いてきたところでちょっと手を止めてカメムシの解剖とproK処理を少し。

写真は盛岡から送っていただいたDdカメムシ。ありがとございます。

この金属光沢がなんとも・・・。

ささっと外に出て、ささっと昼飯をこなす。

午後もムシ世話とPsカメムシの処理。

こりこりと作業しとるうちに腕のあちこちがかゆくなってきて、見ると発疹しとる。

採集期間中ムヒを塗りたくっとったんで前回よりかはましではあるけど、やっぱりあちこちかぶれとる。

いつも右腕よりも左腕の方がかぶれの面積が広い理由がわかった気がする。

スウィーピングして葉っぱしか入っとらんかったときに網の中に左腕をつっこんで裏返すのだが、あのときに網についた植物の汁が腕にもつくのではないかと。

ムシ世話は14時前にようやく完了。

うだうだと30分ほど過ごしたあと、解剖とproK処理の続き。途中から細菌を培地に播く作業も。

こつこつと悶々と続けて完了したのは19時すぎ。

一息入れたらどっぷり疲れてきてしまったが、お次は論文原稿のチェック。

一通りチェックしたところでDNAの抽出。

終わったところで今日はここまで。

久しぶりにみっちり動いた。

頭も体ももうこれ以上は無理って感じ。

広告を非表示にする