調べた

暑さで目覚める。

そしてまた朝風呂生活。

6時過ぎに出勤。

9月か。

まずはプラスミドの抽出とシークエンス反応のセット。

続けていつものムシ世話と洗いもん。

一息入れつつメール書きなど。

お次は今日もPsカメムシの幼虫サンプルを潰してproK処理。

北海道からカメムシが届く。ありがとございます。

さばかねばならんカメムシがどんどん溜まってきとる…がんばらねば。

シークエンス反応が終わったところでエタ沈を開始。

待ち時間にコンビニそうめんで昼飯。

午後もエタ沈から。

待ち時間にはムシ世話を進める。

一部のサンプルのシークエンスを始めてから、さらにエタ沈

DNA抽出のエタ沈も同時進行で進める。休む間ない。

すべてのサンプルをシークエンサに載せたあとPCRのセット。

肩コリがじわじわとひどくなってきとる。

しかし時間ないんで気合いで午後の分のムシ世話を終わらせる。

夜はまず文献をあれこれ調べてみる。おもろい。でももうちょっと勉強せなあかん。

続けてメール書き。

さらに続けて共著論文の改訂原稿をチェック。

PCRが終わったところで電気泳動もはさんで。

すべて終えたあと、最後に終わった分のシークエンスデータのまとめ。

シークエンサに追いついたところで終わり。

今日はよう動いた、と自己満足に浸ってよれっと帰宅。

ビール飲んどったら自宅の部屋の照明にPsカメムシがくっついとる。

つくば産の個体を集めたかったんですぐに捕獲。

でもこれって研究室で飼育中の沖縄産を連れて帰ってきてしまったのかも。

広告を非表示にする