去年の秋くらいに書いとった和文総説が公表された。

細川貴弘(2008)マルカメムシ類の腸内共生細菌と利用できるエサ植物.植物防疫 62:18-22.